News
< Back

国内初となる仮想通貨流通プラットフォーム開発におけるQUOINE、IIJ、Keychainの3社共同での実証実験の開始について

12/14/2016 -

Default_image_3

QUOINE株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:栢森 加里矢)、株式会社インターネットイニシアティブ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、以下IIJ)、合同会社Keychain(本社:東京都中央区、共同創設者:Jonathan Hope、三島一祥、以下Keychain)の3社は、仮想通貨流通プラットフォームのサービス開発において協業し、商用化に向けた実証実験に着手したことを発表いたします。

ビットコインに代表される仮想通貨は、ブロックチェーン技術を活用したインターネット上で利用できるデジタル貨幣として、世界中から注目を集めています。国内でも2016年5月に仮想通貨を規制する改正資金決済法が可決され、仮想通貨が決済手段として認められるとともに、仮想通貨を交換する取引所に登録制を導入することが法制化されました。今後は、2017年春の改正資金決済法施行を機に、金融機関等の事業者が仮想通貨の取り扱いを開始することが予想されています。
このような背景の下、アジア最大規模の仮想通貨取引所であるQUOINEは、ASP型FXプラットフォームサービス「IIJ Raptor(ラプター)サービス」の豊富な提供実績のあるIIJおよびブロックチェーン技術と分散認証技術を持つKeychainと協業し、金融機関や仮想通貨取引所を仲介する仮想通貨流通プラットフォームのサービス開発に向けた実証実験を2016年12月より開始します。

3社共同での実証実験の詳細につきましては、下記IIJのプレスリリースをご参照ください。
http://www.iij.ad.jp/news/pressrelease/2016/1214.html

本実証実験は、日本国内における仮想通貨の普及・拡大に大きく貢献するものと考えております。

これからも当社は国内事業・サービスの拡充に努めてまいります。
今後ともQUOINEをご愛顧賜りますよう、お願い申し上げます。

===================
報道関係お問い合わせ先
QUOINE株式会社 担当:紺野 勝弥(CFO)
Email: [email protected]: https://www.quoine.com/